高精細

肌の「きめ」「つや」までも鮮明に表現する高精細印刷は、
言わば印刷のデジタルハイビジョンです。

 

パッケージ

175線(拡大イメージ)

パッケージ

高精細(拡大イメージ)

フルカラー印刷物をルーペで見てみると、印刷画像は4色(シアン=青、マゼンタ=赤、イエロー=黄、ブラック=黒)の小さな点の集まりでできていることが分かります。これは網点(あみてん)と呼ばれ、通常のフルカラー印刷物はスクリーン線数175線/インチの網点により印刷されています。
ここでご紹介する「高精細印刷」は、その網点のスクリーン線数が300線〜1,000線と高密度なため個々の網点が小さく、よりデリケートな色彩表現、正確なディテールの再現が可能になります。主な特長としては、

●網点が微細なので写真のような高画質を再現できる。
●各色の網点の重なりが少ないので色の濁りが少ない。
●175線印刷で起こるモアレ(縞模様)が肉眼ではほとんど見えない。

など数々のメリットを有しています。
今後ますます印刷画像の高品位化が進むことが予想されます。私たちNLPは、そうしたニーズにお応えできるよう、これからも「高精細印刷」の技術向上にさらに取り組んでいきます。